トリー バーチ コピー

隠したスマートなデザインのトリー バーチシューズコピー

目に映るものだけがすべてではない。見えない部分があるからこそ、ひとは想像力をかき立てられる。その結果、見えてくるのは内面の美。このような遊び心と美学に満ちた偽ブランドの靴が、今季の新作として誕生した「REVA」である。見えない要素を残すのも美徳のあらわれいまファッションでいうところの“色気のある服”は、見せることよりも隠すことが重視されている。かつては露出過多なデザインをセクシーだとする時代もあったが、そうしたストレートな表現が避けられているのが現状だ。S級コピーブランドのスーツひとつをとっても、きちんとタイドアップし、3ピースで正統な着こなしをしているほうが、時代感とマッチしているうえに、凛々しく色気も漂う。

この背景にあるのが、日本人がもつ独特な陰をよしとする美的感覚にある。情報をとらえるという面でいえば、すべて白日のもとにさらけ出したほうがわかりやすいかもしれないが、人やモノの魅力というのは、それがすべてではない。そのことを説いた名著が谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」である。陰り、曇り、暗がりという目に見えない部分があるからこそ、陰翳の美は成立する。このことをひも解いてみると、多少曖昧な部分を残したほうが、ひとは興味をかき立てられ、その隠れた魅力を知りたくなる、ということがいえるのではないだろうか。このロジックに当てはまる靴としてトリー バーチの2016SSの新作「REVA」を紹介したい。
 
カジュアルをシャープに、ドレスにリラックス感をプラストリー バーチの今季の新作におけるコンセプトは、靴づくりの原点に立ち返るということ。そのうえで軽さやしなやかなはき心地といった快適性を追求し、これまでにないデザインのブランドコピーの靴たちが登場する。そのなかで、もっともデザイン的なギミックに富んだ一足が「REVA」である。

山本英治

高級ブランドコピー上質商品のご紹介するブログです。よろしくお願いします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です