バリー コピー

BALLY|赤字超特価セールバリーコピーの最高峰シューズが登場

2010年秋冬コレクションよりスタートした、バリースーパーコピーの最高峰シューズSCRIBE(スクリーブ)のMade to Order(メイド・トゥ・オーダー)。いわゆるパーソナル・オーダーであり、バリーで自分の一足をオーダーするバリューはすこぶる高い。アナタだけの一足はその靴を履く幸せを運び、そしてプレステージも確実に上げてくれるはずだ。

1950年代初頭。創業者C.F.バリーの孫息子マックス・バリーは、あたらしいハンドメイド・ドレスシューズラインを世に送り出すことを決意した。インスピレーションの淵源は、パリ・カシュピーヌ大通りにたたずむホテル・スクリーブ。そこで目にしたエレガントなライフスタイル、贅たくな環境、国際色豊かな宿泊客たち……。それがひらめきとなり、この最高級のドレスシューズ・ラインは誕生したのだ。ホテル名にちなんで名づけられたこのシリーズは、後にバリーの歴史において象徴的な一端を担うようになる。

1950年よりつづくスクリーブ・コレクションの真のエレガンスは、靴づくりの技巧はもちろんのこと、その素材とディテールにある。甲革には、オールド・ナチュラル・カーフスキン、ヴァンドーム・スエードなどいずれも最高級品質の素材のみを使用。この上なく高い精度で縫製された3本ステッチと4本ステッチ、そして完璧に仕上げられたブローグ飾りが特徴となり、手作業のフィニッシィングにより、表面は最高になめらかで贅たくな仕上がりになっている。

裏地には、耐久性の高い高級カーフスキンが使用され、靴の上部が完成する。底部は最高級の二色のレザーに手作業で釘入れをするか、よりカジュアルなスタイルにはゴム入れをして仕上げられる。これらの約200もの段階があるグッドイヤー・ウェルト製法の複雑な工程を、熟練の職人が、一足一足に愛情をもって、根気強く、精巧に仕上げるのだ。

 

FROM:http://openers.jp/article/13131

山本英治

高級ブランドコピー上質商品のご紹介するブログです。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です