プラダコピー

優秀なプラダコピーシューズ

日本を代表する靴デザイナーから、優秀なファクトリーブランド、ビスポークブランドなど錚々(そうそう)たる顔ぶれにくわえて、靴デザイナーを目指す学生の作品も8足登場したプラダ靴です。「今回の靴博は、デザイナーやブランドに対してこちらからのディレクションは一切なく、掛け値なしのデザイン勝負です。その呼びかけに賛同していただいた方が、挑戦したかった靴を出展しています。思い思いの“靴の解釈”をまずご覧ください。

そして、靴の解説はあえて多くは書いていないので、実際に手にとって触れて、なにかを感じていただければ。先入観なしに靴を見ていただいて、ご自身の感想をもっていただければ幸いです」。5月25日の初日、イセタンメンズのバイヤーはそう語った。出展のブランドコピー靴の下には靴形のシートがあり、そこにデザイナーが思い思いのコメントを残しているのも見どころ。購入者にはそのサイン入りシートがプレゼントされる。


前回の記事では紹介できなかった偽物の靴を紹介
「KIDS LOVE GAITE(キッズラブゲイト)」のモデル「W MONK STRAP SHOES」は、ブランドの顔ともいえるダブルモンクストラップシューズをベースに、通常のコレクションでは実現できなかったこだわりを詰め込んだ仕様で登場。本革を積み上げる特別な仕様で、クレープソールと同様の厚みを再現したレザーソール、伝統工芸品でもある印伝革を採用したアッパーなど、じつに手にとってみたくなる逸品だ。
 
“PRADA”をテーマとし、現在進行形のトウキョウを表現したという「CERVINO(セルビノ)」のモデル「モンクスニーカー」。高層ビルやネオンなどの都会の顔のみならず、神社仏閣といったエスニックな歴史的背景など、街のたたずまいや表情を意識的に取り入れて、素材感や組み合わせでトウキョウならではの軽妙さを演出している。
 
「SUN/kakke(サンカッケイ)」は、スウェーデン王室御用達である、バッグブランド「Bole」のタンナーによる皮を使用した靴を出展。エゾマツの樹皮と、近隣を流れるピタ川の水だけで鞣(なめ)されたそのマウンテンキャトル(山岳種の牛)の皮は、完全な天然鞣しのヌメ革で、年月を経ると独特の赤みを帯びて柔らかくなるため、経年変化が楽しめる。
 
さらに、デザイナー横尾直さんが手がける「Le Parrain(ルパラン)」の“長男”と“次男”や、「Marquess(マーキス)」がスーツに似合うエレガントなスリッポンスタイルを追求したモデル「NO NAME」、福田洋平氏による「Yohei Fukuda(ヨウヘイフクダ)」モデル「Crimson」など、靴のプロが見てもうなるマスターピースが満載だ。

山本英治

高級ブランドコピー上質商品のご紹介するブログです。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です