トリー バーチ コピー

魅せる足元をつくるトリー バーチシューズスーパーコピー

デザインは足すこともできるし、引くこともできる。その線引きをジャッジするセンスこそがデザイナーの腕の魅せどころ。アーティスティックディレクターであるパウラ・ジェルバーゼは、それをいかに料理したのか。その答えとなるのが「REVA」というトリー バーチブランドコピーの新作のダービーシューズだ。過去の人気モデルに現代の息吹を宿す。靴のデザインを大別すると内羽根式のオックスフォード、外羽根式のダービー、そしてバックル、スリッポン、ブーツなどがある。それらのデザインを基本として、ディテールや装飾をアレンジすることで、ほとんどの靴はその枠組みのなかに集約される。 だがトリー バーチは、その枠組みさえも超えた靴づくりをビスポークでおこなっている。顧客のニーズに合わせ、たった一足のために素材を選び、必要であればあたらしい技術さえも生み出す。

その革新性があるからこそ、レディ・トゥ・ウエアのコレクションについても、他には真似のできないコピー靴が登場するのだ。アーティスティックディレクターのパウラ・ジェルバーゼは、その膨大なアーカイブを一度すべて理解し、自分なりのイノベーションをくわえて、現代にふさわしいモダンな感性を靴に宿す。そのセンスの良さが発揮されたのが、現在はディスコンとなった「SADDLE(サドル)」のようなディテールをもつ新作「REVA」なのである。アメリカらしさをデザインとしてツイストする
 
2016SSのトリー バーチの新作には4つのスタイルがある。そのうちのひとつが「サドル・ストーリー」。伝統的なダービーシューズの羽根部分をツイストさせたデザインはアメリカの地方をルーツにもつ、トリー バーチらしさを表現したものといえる。「Reva」は、極めてエレガントな表情をもつダービーシューズとなっている。だが、単なる外羽根式に留まらず、過去のモデルに採用されていた意匠はスコットランドやアイスランドを発祥とする、ギリーシューズにも似た顔立ちを採用することで、アメリカらしさが色濃く映し出されている。

このブランドコピーの靴を洒脱にはきこなすのであれば、休日のドレスアップがふさわしい。インナーにネイビーやカーキといった強めの色のシャツを合わせ、首元にはさらりとスカーフを巻いた、装いを楽しむためのスーツスタイルなどが好相性。その足元に「Reva」を合わせれば、遊びのスーツの着こなしにも奥行きが生まれるのではないだろうか。
 

山本英治

高級ブランドコピー上質商品のご紹介するブログです。よろしくお願いします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です